こんな反応は効果の証し(好転反応)

足もみを毎日行っていると、体にさまざまな反応があらわれてきます。個人差もありますが、次のような反応があったら、足もみの効果が出ている証拠だと思ってください。

①尿の色が濃くなって、臭いも少しきつくなる。これは体内の汚れが排池されはじめたという証拠です。

②足全体が腫れる。

③静脈が浮き上がって、いわゆる青筋が立つ。これは静脈の血液循環が活発になったためで、一時的なものですから心配いりません。

④太ももの内側に湿疹が出たり、腕に吹き出物が出たりする。また、足の指の間からくさい老廃物が出る。これらは血液中に戻らなかった汚れが皮層の弱い部分からしみ出すためで、汚れがうまく分泌されている証拠です。

⑤微熱が出る。体内の汚れがたまりすぎると、体は汗腺などから熱を発して、平衡を保とうとします。熱が潜伏しているときに足もみをすると、その刺激で発熱する場合があります。こんなとき
は、体がつらいようでしたらもむのを中断して、熱が治まってから再開してください。

⑥倦怠感、口がかわく、生あくびが出る。また、眠気が強くなる。これらは、とくに関節リウマチの方に多く見られるようです。

⑦目やにが出る。白目の部分に微量の出血が見られる。あるいは体中の粘膜から、老廃物がかすになって出てくる。これは汚れがうまくとり除かれている証拠です。

⑧内臓、とくに腸が活性化されてガスがよく出るようになる。
こうした反応は、もんだ直後にあらわれることもありますし、翌日、あるいは1週間後やそれ以降に出はじめることもあります。反応はごく一時的なもので、長くても1週間程度で消える現象です。これを心配してもむのをやめてしまうと効果が出ないので、必ず続けてください。体がよい方向へ変化している証しだということを覚えておいてください。
また、はじめての方が急に一生懸命に行うと、青あざができることがあります。

こうして3か月ほど足もみを続けていると、まず便の切れがよくなり、肌に透明感が出てきます。
疲れもとれるようになって、お酒も以前より強くなります。さらに、よく眠れるので早起きもできるようになるでしょう。

ここまでがだいたいlクール、3か月であらわれる効果です。こうなれば、あなたの体は血液循環がよくなり、かなり内臓の活性化が進んでいるといえます。そこで、もうひと息、せっかく活性化した体をもとに戻してしまわないように、がんばって続けてください。もうもんでも以前のような痛みがなく、強くもむことが快感になっているはずです。

参考:良くなっているサイン!!好転反応について その2(ミフネ化粧品店)
https://www.mifune-cosme.biz/archives/2013/12/-2.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*